おすすめ映画作品特集

映画「LEON」感想

私が見てきた洋画の中で特にお気に入りの映画は「LEON」です。
孤独な殺し屋レオン(ジャン・レノ)と少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)が出会い、あるきっかけから一緒に暮らすことになり、少しづつ心を通わせていく純愛ものですが、激しい銃撃戦などもあるハードアクション映画でもあり、ハラハラドキドキしながら観ていました。

 

レオンはとてもクールかつ完璧に仕事をするのですが、私生活では不器用で恋もトラウマがあり奥手。
一方マチルダはまだ幼いのにとても恋に積極的。
このギャップが面白い。
女性向けAVにもこんなキャラが登場すれば良いのにと思ってしまいます。
積極的に近付こうとするマチルダに対してレオンはタジタジなのです。
この映画を観てすっかりジャン・レノのファンになってしまいました。

 

ナタリー・ポートマンはこの映画でデビューしたそうですが、少女ながらも初めてとは思えないほど堂々とした演技で素晴らしかったです。
マチルダの家族を殺したスタンスフィールドのクレイジー加減を見事に演じていたゲイリー・オールドマンも凄かったです。
シーンの撮り方も格好良くてどのシーンも絵になるし、音楽も素敵でした。

 

ラストはとても切ない終わり方なのですが、ラストに流れるStingの「ShapeofMyHeart」が哀愁漂う曲で余計に心に沁みました。